読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマホで読む根暗なOLの身も凍る恐怖漫画ネタバレブログ

恐怖体験、都市伝説などなど・・・摩訶不思議な物語の数々を紹介していきます。

スポンサーリンク

クダンノゴトシ 漫画ネタバレ|【自殺願望がある大学生が経験する本当の恐怖。】

 

f:id:tmgetoshi:20160830170106j:plain

 

 

 

 

 

 

根暗なOL、メグです♡

 

 

 

 

 

このブログでは、身の毛もよだつ戦慄のホラーマンガを紹介しています。

 

 

 

 

 

今回紹介するのは、電子書籍サイトまんが王国で読んだ、

 

 

 

 

 

ダンノゴトシ です。

 

 

 

 

⇒まんが王国

 

 

 

 

 

 

 

 


⇒まんが王国
※「クダンノゴトシ」で検索すると出てきます。

 

 

 

 

 

 

 大学生たちに突き付けられた恐怖の現実

 

 

 

 

 

 

自殺願望がある城内大学の4年生の辻本光(22才)は、

 

 

 

 

 


所属している旅行サークルの男子4人、女子4人の7人のメンバー達と、

 

 

 

 

 

卒業旅行で伊豆大島に出かけました。

 

 

 

 

 


帰りの車の中では、メンバー同士、

 

 

 

 

 


就職活動のこと、今回の旅行への不満など他愛もない話題で盛り上がっていました。

 

 

 

 

 

 

外はすっかり夜。

 

 

 

 

 


いつの間にか、カーナビにも出てこない海岸近くの不気味な山道を走っていたところ、

 

 

 

 

 

 

突然、何かに正面衝突します。

 

 

 

 

 

 

車はその衝撃でバンパーがへこみましたが、

 

 

 

 

 

車内のメンバーは誰1人怪我することなく無事です。

 

 

 

 

 

そして気になるのは、

 

 

 

 

 

轢いてしまったそのモノが人なのか人ではないのかということ・・・

 

 

 

 

 


そのモノはぶつかったあと山道の下へと落ちていき、

 

 

 

 

 

 

メンバーたちはそのモノを捜索することにしました。

 

 

 

 

 

そして7人が見たモノは、

 

 

 

 

 

顔が人間、

体が牛のような、

得体の知れない生き物だったのです。

 

 

 

 

 

そしてその不気味な生き物は、

 

 

 

 

 

 

”雨ガ降ル・・・

 

 

 

 

ソシテ、オ前ラハ・・・”

 

 

 

 

 

喋りながら倒れていたのです。

 

 

 

 

 

恐怖した男4人は持っていた木の棒でその生き物をメッタ打ちにしてその場を後にします。

 

 

 

 

 

 

再び山道を走っていると、やがて雨が降り始めます。

 

 

 

 

 

 

しかし、これがこの大学生7人を経験したことの無い恐怖を味わう序章過ぎなかったのです。

 

 

 

 

 

本物の恐怖を体験したい方はコチラから・・・☟

 

 

 

 

 

⇒まんが王国

※「クダンノゴトシ」で検索するとでてきます。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク