読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマホで読む根暗なOLの身も凍る恐怖漫画ネタバレブログ

恐怖体験、都市伝説などなど・・・摩訶不思議な物語の数々を紹介していきます。

スポンサーリンク

青の母 漫画 1巻2話 ネタバレ|【婚約者の故郷に残る奇妙で残酷な風習。】

 

f:id:tmgetoshi:20160827223707j:plain

 

 

 

 

 

ブログ管理人、メグです。

 

 

 

 

 

まずはじめにお伝えしておきます。

 

 

 

本ブログはトラウマ系ホラーマンガを紹介しています。

 

 

 

この手のマンガが苦手な方は閲覧ご注意下さい。

 

 

 

 

 

このブログでは、

 

 

 

 

 

マンガを読む時に利用している電子書籍サイトで見つけた

 

 

 

 

 

 

身の毛もよだつ超絶怖いホラーマンガを紹介しています。

 

 

 

 

 

 

そして今ハマっているのがコミなびの無料試し読みで見つけた、

 

 

 

 

 

青の母  です。

 

 

⇒コミなび

 

 

 

 

 

 

⇒コミなび

※「青の母」で検索すると出てきます。

 

 

 

 

 

今回は、青の母の2話について書きたいと思います。

 

 

 

 

 

 1話 あらすじ

 

 

 

 

私は・・・この村で幸せになる筈だった。

 

冬弥さんと笑顔に溢れた日々を・・・

 

 

 

 

 

幼い頃、母親が自分を連れて電車に飛び込み心中自殺をした時、

 

 

 

 

死しても尚笑っていた母の顔がトラウマとなり笑う事が怖くて笑顔を失い、

 

 

 

 

母親を失った七瀬絲子は施設で育ちました。

 

 

 

 

 

 

その施設に頻繁に遊びに来ていた生方冬弥

 

 

 

 

 

頑なになっていた絲子の心を少しづつ解きほぐしていき、

 

 

 

 

 

絲子19歳、冬弥18歳の時冬弥の故郷である水籠村(みごもりむら)で挙式を行い、

 

 

 

 

結婚する事になります。

 

 

 

 

そして、この水籠村には変わった風習があります。

 

 

 

 

それは、この村の男性は花嫁になる女性の人形を奉納しなければならない事、

 

 

 

 

そして挙式の際には欠席者のところに本人に似せた人形を置き、

 

 

 

 

 

不気味な雰囲気が漂う中、

 

 

 

 

 

村の伝統工芸品である水籠人形を火で燃やす人形供養の儀が執り行われます。

 

 

 

 

 

火の中に入れられた人形が絲子の顔を見つめ何かを訴えてきたかと思った瞬間、

 

 

 

 

 

 

その人形は叫びながら爆発、首だけが残っても何かを喋っています。

 

 

 

 

さらにその直後周りに置かれた人形たちが、

 

 

 

 

アオノハハコドクノナカデコヲハラム

アオノハハコドクノナカデコヲハラム・・・

 

 

 

 

 

と唄いだし、

 

 

 

 

そこへドブメと呼ばれる得体の知れない化け物が現れ、

 

 

 

 

 

式に参列していた村人たちを次々に殺していき、

 

 

 

 

 

婚約者であった冬弥までも殺されてしまいます。

 

 

 

 

 

そしてそこにフクロウと呼ばれる仮面を被った謎の人物が現れ、

 

 

 

 

 

この異様な事態を目の当たりにして混乱する絲子の頭の中には

 

 

 

 

 

 

母親が死んだ時に聞いた人が死ぬ音が流れ、混乱し、気を失ってしまいます・・・。

 

 

 

 

 


第2話 人形遊戯

 

 

 

 

絲子が意識を取り戻し目覚めるとそこは暗い部屋の中。

 

 

 

 

何故か体が動きません・・・。

 

 

 

 

 

そして全く血の流れを感じなくなっていたのです。

 

 

 

 

 

そこに村の老婆3人が入ってきて、

 

 

 

 

 

「気分はどうじゃ? 言うても答えられんわいなぁ・・・

 

そりゃそうじゃ、そりゃそうじゃ・・・

 

なにせ魂を人形に移してしまったんじゃからなぁ」

 

 

 

 

 

 

絲子はこの村の人々の儀式によって魂が抜かれ、

 

 

 

 

 

自分そっくりに作られた人形に移されてしまったのです。

 

 

 

 

 

そして魂が抜かれ、無表情の自分が目の前に現れます。

 

 

 

 

 

「我らが必要とするのは若い女の身体のみ。

 

嫁になりそこなったお前には悪いが、婚儀の人形同様処分させてもらう。

 

どう処分するかは婚儀の時にお前もやったじゃろ・・・?」

 

 

 

 

そこで絲子は気付いてしまいます。

 

 

 

 

 

挙式の時、人形供養の儀式だと言って火の中に入れた人形たち、

 

 

 

 

 

それらが皆、

魂が入った人形たちだったことを。

 

 

 

 

 

 

人形となってしまった今、叫びたくても叫べません。

 

 

 

 

そしていよいよ絲子は火の中へと入れられます。

 

 

 

 

 

「冬弥さん・・・」

 

 

 

 

 

とその時、

 

 

 

 

 

絲子の魂が入った人形に信じられない現象が起き始めるのでした・・・

 

 

 

 

 

本当の恐怖を味わいたい方はコチラから☟

 

 

 

 

⇒コミなび

※「青の母」で検索すると出てきます。

 

 

 

 

スポンサーリンク