読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマホで読む根暗なOLの身も凍る恐怖漫画ネタバレブログ

恐怖体験、都市伝説などなど・・・摩訶不思議な物語の数々を紹介していきます。

スポンサーリンク

青の母 漫画 1巻1話 ネタバレ|【自分そっくりな人形が喋り出す。並外れた旋律の恐怖が襲う。】

 

f:id:tmgetoshi:20160827223751j:plain

 

 

 

 

 

 どーも♪

 

 

 

 

ホラーマンガを読むのが大好きな根暗なOL、メグです♡

 

 

 

 

 

スマホで読める電子書籍を利用してマンガを読み、

 

 

 

 

 

日々デトックスしていますw

 

 

 

 

 

そして今ハマっている不気味でグロテスクなトラウマ系ホラーマンガが、

 

 

 

 

 

茂木清香さん作の  青の母  です。

 

 

 

 

 

 

 青の母は、電子書籍サイトコミなびで無料で試し読みができます。

 

 

 

 

⇒コミなび

 

 

 

 

 

 

 ⇒コミなび

※「青の母」で検索すると出てきます。

 

 

 

今回は、青の母の第1話のあらすじを書きたいと思います。

 

 

 

 

 


第1話 花嫁人形

 

 

 

 

「ド(#)」は、ほねが折れる音

 

「レ」は、にくがつぶれる音

 

「ミ(♭)」は、なにかがとびだす音

 

とーやくん知ってる?

 

人が死ぬ時っておうたが聞こえるのよ・・・

 

 

 

 

 

七瀬絲子(ななせいとこ)は7歳の時に、

 

 

 

 

母親が絲子連れて電車に飛び込むという心中自殺に巻き込まれ、

 

 

 

 

 

自分は足の怪我で済んだものの母親は即死でした。

 

 

 

 

 

なぜ母親が心中したのかは今となっては知るよしもありません。

 

 

 

 

 

絲子が倒れて気を失う前に見た母は、死して尚、笑っていました。

 

 

 

 

 

その日を境に絲子は一切笑うことができなくなりました。

 

 

 

 

そんな絲子が育った施設に

 

 

 

 

ちょくちょく遊びに来ていた生方冬弥(うぶかたとうや)が、

 

 

 

 

 

幼い頃からおもちゃのピアノで不気味な音階を引く絲子の手を取り、

 

 

 

 

 

何度振り払われてもてを手を取り、

 

 

 

 

 

頑なになった彼女の心を少しずつ解きほぐしていくのでした。

 

 

 

 

 

そして時は経ち、

 

 

 

 

 

絲子が19歳、冬弥が18歳になった年に2人は結婚します。

 

 

 

 

 


人形供養の儀

 

 

 

 

 

2人は冬弥が生まれ育った水籠村(みごもりむら)で結婚式を挙げます。

 

 

 

 

この村の男は花嫁になる女性の人形を作り奉納する変わったしきたりがあります。

 

 

 

 

 

そして挙式の欠席者のところには代わりに、

 

 

 

 

 

本人に似せた人形が置かれるという不気味な雰囲気が漂っています。

 

 

 

 

 

そして  ” 人形供養の儀 ”  というこの村の伝統工芸品である、

 

 

 

 

 

 

水籠人形を火の中へ入れ供養する村独自の風習があります。

 

 

 

 

 

火の中で燃える人形が突然叫び、

 

 

 

 

 

首だけが飛んできて何かを訴えかけてくるように見えるのです。

 

 

 

 

 

その時、絲子の頭の中に小さい時に聞いた人が死ぬ音によく似たうたが流れ込んできます・・・

 

 

 

 

 

アオノハハコドクノナカデコヲハラム  アオノハハコドクノナカデコヲハラム

 

 

アオノハハコドクノナカデコヲハラム  アオノハハコドクノナカデコヲハラム

 

 

アオノハハコドクノナカデコヲハラム  アオノハハコドクノナカデコヲハラム

 

 

 

 

 

青の母コドクの中で子を孕む・・・

 

 

 

 

 

絲子を狂わすように人形が唄い始めたのです。

 

 

 

 

 

そしてこの恐怖が渦巻く挙式で、

 

 

 

 

 

更なる怪奇的な事態が絲子を襲うのです・・・

 

 

 

 

 

続きはコチラから☟

 

 

 

 

⇒コミなび

※「青の母」で検索するでてきます。

 

 

 

 

スポンサーリンク