読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマホで読む根暗なOLの身も凍る恐怖漫画ネタバレブログ

恐怖体験、都市伝説などなど・・・摩訶不思議な物語の数々を紹介していきます。

スポンサーリンク

赤い妹 漫画 ネタバレ|【本当にあった!?呪いのビデオ。全く萌えない怖すぎる妹が毎日玄関にやってくる・・・】

 

f:id:tmgetoshi:20160826173650j:plain

 

 

 

 

 

身の毛もよだつマンガを読み漁るOLの、

 

 

 

 

 

ホラーマンガ紹介ブログにようこそ。

 

 

 

 

 

電子書籍サイトを利用してスマホでこっそりホラーマンガを楽しんでいる日々です♡

 

 

 

 

 

電子書籍サイトはスマホがあればいつでもどこでも大好きなマンガが読めるので重宝しています。

 

 

 

 

 

色んな電子書籍を利用していますが、今回はコミなびというサイトで見つけた、

 

 

 

 

 

 

赤い妹 というホラーマンガを紹介します。

 

 

 

 

⇒コミなび

 

 

 

 ⇒コミなび

※「赤い妹」で検索すると出てきます。

 

 

 

 

 

 

とある レンタルビデオ店でアルバイトしている大学生が所属している

 

 

 

 

 

サークル内で、今怖い話をするのが流行っています。

 

 

 

 

 

その学生は最近自分が話すネタが無くなってきて、

 

 

 

 

 

本物のお化けがみたいと店長に相談を持ち掛けます。

 

 

 

 

 

店長は妹がいる人が観ると必ず自宅に幽霊がやってくるという

 

 

 

 

 

 「赤い妹」というタイトルの映画をその学生に渡します。

 

 

 

 

 

この映画は、事故で亡くなった妹を題材にしたシュールなストーリー展開になっていて、

 

 

 

 

 

誰がなんのために制作したのか目的は全く不明の自主製作映画なのですが、

 

 

 

 

 

それを観た者にその、が必ずやってくるというのです。

 

 

 

 

 

半ば無理矢理店長から渡されたビデオ。

 

 

 

 

 

余計な事言わなきゃよかったと後悔しながらも学生は意を決してそのビデオを再生します。

 

 

 

 

映画の内容は全くホラーテイストではなく、

 

 

 

 

 

粗削りでセリフ無い作品ながらも、ただ監督と思われる姉の視点から、

 

 

 

 

 

 

 

若くして死んでしまった妹への想いが切々と込められた映像詩とよばれる類のむしろ美しく良い映画でした。

 

 

 

 

 

 

裏表紙を見ると監督は 清水かなえ というやはり女性でした。

 

 

 

 

 

 

「全然怖くないじゃん・・・」

 

 

 

 

 

学生自身にも妹がいます。その映画を見終わったあと思わず故郷の妹に会いたくりました。

 

 

 

 

 

とその時、

 

 

 

 

 

急に玄関のドアをドンドンドンドン叩く音が響きます。

 

 

 

 

 

そして、そのドアの向こう側聞こえてきたのは、

 

 

 

 

 

 

「あたしよ、お兄ちゃん」

 

 

 

 

 

 

なんと妹の声だったのです。

 

 

 

 

 

時間は深夜。

 

 

 

 

 

学生が体験する本当の恐怖はこれからなのです・・・

 

 

 

 

 

身も凍恐怖体験の数々はコチラから☟

 

 

 

 

⇒コミなび

※「赤い妹」で検索すると出てきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク