読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマホで読む根暗なOLの身も凍る恐怖漫画ネタバレブログ

恐怖体験、都市伝説などなど・・・摩訶不思議な物語の数々を紹介していきます。

スポンサーリンク

ゴメンナサイ 漫画ネタバレ|【80万人の女子中高生が絶叫!!電子書籍で読む怪奇ホラー漫画がコワすぎる】

f:id:tmgetoshi:20160825135232j:plain

 

 

 

 

ホラーマンガ大好きOL、メグです♡

 

 

 

 


このブログでは電子書籍サイトで読んだ、

 

 

 

 


身の毛もよだつホラーマンガのあらすじや感想を書いています。

 

 

 

 


マンガを読む時は、電子書籍コミなびを利用しています。

 

 

 

 


⇒コミなび

 

 

 

 


今回紹介するのは、映画化にもなり全国の女子中高生を恐怖に陥れた、

 

 

 

 

 

ゴメンナサイ  を紹介します。

 

 

 

 

 

⇒コミなび
※「ゴメンナサイ」で検索すると出てきます。

 

 

 

 

あだ名は幽霊。

 

 

 

 


日高由香は、神奈川県の高校に通う高校2年生です。

 

 

 

 

 

日高のクラスメイト、黒羽比那子は、

 

 

 

 

文芸コンクールで入賞するほどの文才の持ち主であり、

 

 

 

 

学年で成績が1位という秀才ですが、

 

 

 

 

その容姿は長い黒髪にうつろな目という不気味さで、

 

 

 

 

 

周りの生徒たちからは “幽霊” とあだ名で呼ばれていました。

 

 

 

 

 


ある日、1年生の時学年1位の成績だった園田詩織

 

 

 

 

 

テストでずっと黒羽に1位の座を奪われている事に嫉妬し、

 

 

 

 

 

「黑羽さんは体育の時も休んで勉強しているからずるいと思う!」

 

 

 

 

 

 

と黒羽に対し教壇に立ち文句を言います。

 

 

 

 

 


それでも怒りが収まらない園田は、

 

 

 

 

 

クラスや担任の先生などを巻き込み黒羽への卑劣なイジメを始め、

 

 

 

 

 

そのイジメは次第にエスカレートしていったのです・・・。

 

 

 

 

 

しかし、黒羽はどんな酷いことをされようとも全く動じませんでしたが、

 

 

 

 

 

 

日を追うごとに黒羽の身体はやせ細り、

 

 

 

 

 

クラスの教室では彼女の特徴である長い黒髪が抜け落ちているのが頻繁に見受けられるようになります。

 

 

 

 

 

 

悪夢の始まり。

 

 

 

 

 

日高のクラスは、

 

 

 

 

秋の文化祭の出し物で演劇をすることになっています。

 

 

 

 

 

園田はその脚本を文才として名高い黒羽に託し、

 

 

 

 

 

その脚本を徹底的に罵り、黒羽の名誉をズタズタにしてやろうと企んでいました。

 

 

 

 

 

そんな矢先、

 

 

 

 

 

周りではその演劇に携わった生徒たちが不可解な死を遂げるという事件が連続して起き始めます。

 

 

 

 

 

やがてそれは、

 

 

 

 

 

 

黒羽が書いた脚本には呪いがかけられていて、

 

 

 

 

 

 

その脚本を読んだものには死が待っているという噂が立ち始めます。

 

 

 

 

 

 

そして生徒たちの連続死は悪夢の始まりにすぎず、

 

 

 

 

 

呪いの魔の手は日高や園田にも着々と近づきつつあるのです。

 

 

 

 

 

背筋も凍る恐怖の物語の続きはコチラから・・・☟

 

 

 

 

 

⇒コミなび

※「ゴメンナサイ」で検索すると出てきます。

 

 

 

スポンサーリンク