読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマホで読む根暗なOLの身も凍る恐怖漫画ネタバレブログ

恐怖体験、都市伝説などなど・・・摩訶不思議な物語の数々を紹介していきます。

スポンサーリンク

マンホール 漫画 ネタバレ・感想など|【人の欲求を喰い荒らす、謎の寄生虫が人々を襲う極限のバイオホラー。】

f:id:tmgetoshi:20160908165055j:plain

 

 

 

 

 

スリリングで危険な漫画を愛するOL、

 

 

 

メグです♡

 

 

 

このブログは、

 

 

 

普段愛用しているスマホがあればいつでもどこでも読める電子書籍サイトで読んだ、

 

 

 

 

ちょっと危ない内容の漫画の中で、衝撃を受けたものやハマったものなどの

 

 

 

 

あらすじや感想などを書いています。

 

 

 

 

 

そして今回紹介する危ない漫画が、マンホール です。

 

 

 

 

※グロテスクなシーンが多く含まれていますのでお読みになる際はご注意下さい。

 

 

 

 

⇒コミなび

 

 

 

 

 

 

⇒コミなび

※「マンホール」で検索すると出てきます。

 

 

 

 

 

 

 

小さな街で起こる

謎の寄生虫による怪死事件。

 

 

 

 

 

 

笹原市のある日の夕方の商店街。

 

 

 

 

夕飯の買い物客で賑わう商店街のど真ん中で、

 

 

 

 

男性が全裸の状態で怪死する事件がおきます。

 

 

 

 

 

その男は血まみれで異様な様子で歩いてきて、

 

 

 

 

 

「マ・・・マ・・・」

 

 

 

 

とだけ言い残し死亡します。

 

 

 

 

 

現場にかけつけたのは、この事件を追う事になる笹原署刑事課の溝口健。

 

 

 

 

 

そして若手の女性刑事の井上菜緒です。

 

 

 

 

 

怪死した男性を解剖に回し、

 

 

 

 

調査していたとこ目玉の部分からフィラリアという犬や猫に寄生する寄生虫が検出されます。

 

 

 

 

 

しかもヒトに発症する事がない、凶悪な新種だったのです。

 

 

 

 

 

この寄生虫は、角膜をから網膜、神経を伝って人間の欲求を司る脳の中の視床下部と言われる部位にまで侵入し、

 

 

 

 

 

食欲、性欲、睡眠欲を奪い自律神経を乱します。

 

 

 

 

 

怪死した男性は、ギャンブル中毒でお金を母親にせびっては暴力を振るっていました。

 

 

 

 

 

息子から受ける暴力に身も心も疲れ果てた母親は、

 

 

 

 

 

夫の知り合いの写真家に紹介されたある施設に預けることにしました。

 

 

 

 

 

その施設は息子のギャンブル中毒と暴力を科学的に治療してくて、

 

 

 

 

 

 

料金も一切かからない施設だったのです・・・。

 

 

 

 

規格外の感染力で人々を恐怖に陥れる寄生虫は、

 

 

 

 

一体何が目的で何ものの仕業なのか?

 

 

 

 

その目的は?

 

 

 

 

そして怪事件を追う刑事が「施設」で見たものとは・・・?

 

 

 

 

 

恐怖の物語の続きはコチラから☟

 

 

 

 

 

⇒コミなび

※「マンホール」で検索するとでてきます。

 

 

 

 

 

 

クダンノゴトシ 漫画ネタバレ|【自殺願望がある大学生が経験する本当の恐怖。】

 

f:id:tmgetoshi:20160830170106j:plain

 

 

 

 

 

 

根暗なOL、メグです♡

 

 

 

 

 

このブログでは、身の毛もよだつ戦慄のホラーマンガを紹介しています。

 

 

 

 

 

今回紹介するのは、電子書籍サイトまんが王国で読んだ、

 

 

 

 

 

ダンノゴトシ です。

 

 

 

 

⇒まんが王国

 

 

 

 

 

 

 

 


⇒まんが王国
※「クダンノゴトシ」で検索すると出てきます。

 

 

 

 

 

 

 大学生たちに突き付けられた恐怖の現実

 

 

 

 

 

 

自殺願望がある城内大学の4年生の辻本光(22才)は、

 

 

 

 

 


所属している旅行サークルの男子4人、女子4人の7人のメンバー達と、

 

 

 

 

 

卒業旅行で伊豆大島に出かけました。

 

 

 

 

 


帰りの車の中では、メンバー同士、

 

 

 

 

 


就職活動のこと、今回の旅行への不満など他愛もない話題で盛り上がっていました。

 

 

 

 

 

 

外はすっかり夜。

 

 

 

 

 


いつの間にか、カーナビにも出てこない海岸近くの不気味な山道を走っていたところ、

 

 

 

 

 

 

突然、何かに正面衝突します。

 

 

 

 

 

 

車はその衝撃でバンパーがへこみましたが、

 

 

 

 

 

車内のメンバーは誰1人怪我することなく無事です。

 

 

 

 

 

そして気になるのは、

 

 

 

 

 

轢いてしまったそのモノが人なのか人ではないのかということ・・・

 

 

 

 

 


そのモノはぶつかったあと山道の下へと落ちていき、

 

 

 

 

 

 

メンバーたちはそのモノを捜索することにしました。

 

 

 

 

 

そして7人が見たモノは、

 

 

 

 

 

顔が人間、

体が牛のような、

得体の知れない生き物だったのです。

 

 

 

 

 

そしてその不気味な生き物は、

 

 

 

 

 

 

”雨ガ降ル・・・

 

 

 

 

ソシテ、オ前ラハ・・・”

 

 

 

 

 

喋りながら倒れていたのです。

 

 

 

 

 

恐怖した男4人は持っていた木の棒でその生き物をメッタ打ちにしてその場を後にします。

 

 

 

 

 

 

再び山道を走っていると、やがて雨が降り始めます。

 

 

 

 

 

 

しかし、これがこの大学生7人を経験したことの無い恐怖を味わう序章過ぎなかったのです。

 

 

 

 

 

本物の恐怖を体験したい方はコチラから・・・☟

 

 

 

 

 

⇒まんが王国

※「クダンノゴトシ」で検索するとでてきます。

 

 

 

 

 

 

青の母 漫画 1巻2話 ネタバレ|【婚約者の故郷に残る奇妙で残酷な風習。】

 

f:id:tmgetoshi:20160827223707j:plain

 

 

 

 

 

ブログ管理人、メグです。

 

 

 

 

 

まずはじめにお伝えしておきます。

 

 

 

本ブログはトラウマ系ホラーマンガを紹介しています。

 

 

 

この手のマンガが苦手な方は閲覧ご注意下さい。

 

 

 

 

 

このブログでは、

 

 

 

 

 

マンガを読む時に利用している電子書籍サイトで見つけた

 

 

 

 

 

 

身の毛もよだつ超絶怖いホラーマンガを紹介しています。

 

 

 

 

 

 

そして今ハマっているのがコミなびの無料試し読みで見つけた、

 

 

 

 

 

青の母  です。

 

 

⇒コミなび

 

 

 

 

 

 

⇒コミなび

※「青の母」で検索すると出てきます。

 

 

 

 

 

今回は、青の母の2話について書きたいと思います。

 

 

 

 

 

 1話 あらすじ

 

 

 

 

私は・・・この村で幸せになる筈だった。

 

冬弥さんと笑顔に溢れた日々を・・・

 

 

 

 

 

幼い頃、母親が自分を連れて電車に飛び込み心中自殺をした時、

 

 

 

 

死しても尚笑っていた母の顔がトラウマとなり笑う事が怖くて笑顔を失い、

 

 

 

 

母親を失った七瀬絲子は施設で育ちました。

 

 

 

 

 

 

その施設に頻繁に遊びに来ていた生方冬弥

 

 

 

 

 

頑なになっていた絲子の心を少しづつ解きほぐしていき、

 

 

 

 

 

絲子19歳、冬弥18歳の時冬弥の故郷である水籠村(みごもりむら)で挙式を行い、

 

 

 

 

結婚する事になります。

 

 

 

 

そして、この水籠村には変わった風習があります。

 

 

 

 

それは、この村の男性は花嫁になる女性の人形を奉納しなければならない事、

 

 

 

 

そして挙式の際には欠席者のところに本人に似せた人形を置き、

 

 

 

 

 

不気味な雰囲気が漂う中、

 

 

 

 

 

村の伝統工芸品である水籠人形を火で燃やす人形供養の儀が執り行われます。

 

 

 

 

 

火の中に入れられた人形が絲子の顔を見つめ何かを訴えてきたかと思った瞬間、

 

 

 

 

 

 

その人形は叫びながら爆発、首だけが残っても何かを喋っています。

 

 

 

 

さらにその直後周りに置かれた人形たちが、

 

 

 

 

アオノハハコドクノナカデコヲハラム

アオノハハコドクノナカデコヲハラム・・・

 

 

 

 

 

と唄いだし、

 

 

 

 

そこへドブメと呼ばれる得体の知れない化け物が現れ、

 

 

 

 

 

式に参列していた村人たちを次々に殺していき、

 

 

 

 

 

婚約者であった冬弥までも殺されてしまいます。

 

 

 

 

 

そしてそこにフクロウと呼ばれる仮面を被った謎の人物が現れ、

 

 

 

 

 

この異様な事態を目の当たりにして混乱する絲子の頭の中には

 

 

 

 

 

 

母親が死んだ時に聞いた人が死ぬ音が流れ、混乱し、気を失ってしまいます・・・。

 

 

 

 

 


第2話 人形遊戯

 

 

 

 

絲子が意識を取り戻し目覚めるとそこは暗い部屋の中。

 

 

 

 

何故か体が動きません・・・。

 

 

 

 

 

そして全く血の流れを感じなくなっていたのです。

 

 

 

 

 

そこに村の老婆3人が入ってきて、

 

 

 

 

 

「気分はどうじゃ? 言うても答えられんわいなぁ・・・

 

そりゃそうじゃ、そりゃそうじゃ・・・

 

なにせ魂を人形に移してしまったんじゃからなぁ」

 

 

 

 

 

 

絲子はこの村の人々の儀式によって魂が抜かれ、

 

 

 

 

 

自分そっくりに作られた人形に移されてしまったのです。

 

 

 

 

 

そして魂が抜かれ、無表情の自分が目の前に現れます。

 

 

 

 

 

「我らが必要とするのは若い女の身体のみ。

 

嫁になりそこなったお前には悪いが、婚儀の人形同様処分させてもらう。

 

どう処分するかは婚儀の時にお前もやったじゃろ・・・?」

 

 

 

 

そこで絲子は気付いてしまいます。

 

 

 

 

 

挙式の時、人形供養の儀式だと言って火の中に入れた人形たち、

 

 

 

 

 

それらが皆、

魂が入った人形たちだったことを。

 

 

 

 

 

 

人形となってしまった今、叫びたくても叫べません。

 

 

 

 

そしていよいよ絲子は火の中へと入れられます。

 

 

 

 

 

「冬弥さん・・・」

 

 

 

 

 

とその時、

 

 

 

 

 

絲子の魂が入った人形に信じられない現象が起き始めるのでした・・・

 

 

 

 

 

本当の恐怖を味わいたい方はコチラから☟

 

 

 

 

⇒コミなび

※「青の母」で検索すると出てきます。

 

 

 

 

青の母 漫画 1巻1話 ネタバレ|【自分そっくりな人形が喋り出す。並外れた旋律の恐怖が襲う。】

 

f:id:tmgetoshi:20160827223751j:plain

 

 

 

 

 

 どーも♪

 

 

 

 

ホラーマンガを読むのが大好きな根暗なOL、メグです♡

 

 

 

 

 

スマホで読める電子書籍を利用してマンガを読み、

 

 

 

 

 

日々デトックスしていますw

 

 

 

 

 

そして今ハマっている不気味でグロテスクなトラウマ系ホラーマンガが、

 

 

 

 

 

茂木清香さん作の  青の母  です。

 

 

 

 

 

 

 青の母は、電子書籍サイトコミなびで無料で試し読みができます。

 

 

 

 

⇒コミなび

 

 

 

 

 

 

 ⇒コミなび

※「青の母」で検索すると出てきます。

 

 

 

今回は、青の母の第1話のあらすじを書きたいと思います。

 

 

 

 

 


第1話 花嫁人形

 

 

 

 

「ド(#)」は、ほねが折れる音

 

「レ」は、にくがつぶれる音

 

「ミ(♭)」は、なにかがとびだす音

 

とーやくん知ってる?

 

人が死ぬ時っておうたが聞こえるのよ・・・

 

 

 

 

 

七瀬絲子(ななせいとこ)は7歳の時に、

 

 

 

 

母親が絲子連れて電車に飛び込むという心中自殺に巻き込まれ、

 

 

 

 

 

自分は足の怪我で済んだものの母親は即死でした。

 

 

 

 

 

なぜ母親が心中したのかは今となっては知るよしもありません。

 

 

 

 

 

絲子が倒れて気を失う前に見た母は、死して尚、笑っていました。

 

 

 

 

 

その日を境に絲子は一切笑うことができなくなりました。

 

 

 

 

そんな絲子が育った施設に

 

 

 

 

ちょくちょく遊びに来ていた生方冬弥(うぶかたとうや)が、

 

 

 

 

 

幼い頃からおもちゃのピアノで不気味な音階を引く絲子の手を取り、

 

 

 

 

 

何度振り払われてもてを手を取り、

 

 

 

 

 

頑なになった彼女の心を少しずつ解きほぐしていくのでした。

 

 

 

 

 

そして時は経ち、

 

 

 

 

 

絲子が19歳、冬弥が18歳になった年に2人は結婚します。

 

 

 

 

 


人形供養の儀

 

 

 

 

 

2人は冬弥が生まれ育った水籠村(みごもりむら)で結婚式を挙げます。

 

 

 

 

この村の男は花嫁になる女性の人形を作り奉納する変わったしきたりがあります。

 

 

 

 

 

そして挙式の欠席者のところには代わりに、

 

 

 

 

 

本人に似せた人形が置かれるという不気味な雰囲気が漂っています。

 

 

 

 

 

そして  ” 人形供養の儀 ”  というこの村の伝統工芸品である、

 

 

 

 

 

 

水籠人形を火の中へ入れ供養する村独自の風習があります。

 

 

 

 

 

火の中で燃える人形が突然叫び、

 

 

 

 

 

首だけが飛んできて何かを訴えかけてくるように見えるのです。

 

 

 

 

 

その時、絲子の頭の中に小さい時に聞いた人が死ぬ音によく似たうたが流れ込んできます・・・

 

 

 

 

 

アオノハハコドクノナカデコヲハラム  アオノハハコドクノナカデコヲハラム

 

 

アオノハハコドクノナカデコヲハラム  アオノハハコドクノナカデコヲハラム

 

 

アオノハハコドクノナカデコヲハラム  アオノハハコドクノナカデコヲハラム

 

 

 

 

 

青の母コドクの中で子を孕む・・・

 

 

 

 

 

絲子を狂わすように人形が唄い始めたのです。

 

 

 

 

 

そしてこの恐怖が渦巻く挙式で、

 

 

 

 

 

更なる怪奇的な事態が絲子を襲うのです・・・

 

 

 

 

 

続きはコチラから☟

 

 

 

 

⇒コミなび

※「青の母」で検索するでてきます。

 

 

 

 

赤い妹 漫画 ネタバレ|【本当にあった!?呪いのビデオ。全く萌えない怖すぎる妹が毎日玄関にやってくる・・・】

 

f:id:tmgetoshi:20160826173650j:plain

 

 

 

 

 

身の毛もよだつマンガを読み漁るOLの、

 

 

 

 

 

ホラーマンガ紹介ブログにようこそ。

 

 

 

 

 

電子書籍サイトを利用してスマホでこっそりホラーマンガを楽しんでいる日々です♡

 

 

 

 

 

電子書籍サイトはスマホがあればいつでもどこでも大好きなマンガが読めるので重宝しています。

 

 

 

 

 

色んな電子書籍を利用していますが、今回はコミなびというサイトで見つけた、

 

 

 

 

 

 

赤い妹 というホラーマンガを紹介します。

 

 

 

 

⇒コミなび

 

 

 

 ⇒コミなび

※「赤い妹」で検索すると出てきます。

 

 

 

 

 

 

とある レンタルビデオ店でアルバイトしている大学生が所属している

 

 

 

 

 

サークル内で、今怖い話をするのが流行っています。

 

 

 

 

 

その学生は最近自分が話すネタが無くなってきて、

 

 

 

 

 

本物のお化けがみたいと店長に相談を持ち掛けます。

 

 

 

 

 

店長は妹がいる人が観ると必ず自宅に幽霊がやってくるという

 

 

 

 

 

 「赤い妹」というタイトルの映画をその学生に渡します。

 

 

 

 

 

この映画は、事故で亡くなった妹を題材にしたシュールなストーリー展開になっていて、

 

 

 

 

 

誰がなんのために制作したのか目的は全く不明の自主製作映画なのですが、

 

 

 

 

 

それを観た者にその、が必ずやってくるというのです。

 

 

 

 

 

半ば無理矢理店長から渡されたビデオ。

 

 

 

 

 

余計な事言わなきゃよかったと後悔しながらも学生は意を決してそのビデオを再生します。

 

 

 

 

映画の内容は全くホラーテイストではなく、

 

 

 

 

 

粗削りでセリフ無い作品ながらも、ただ監督と思われる姉の視点から、

 

 

 

 

 

 

 

若くして死んでしまった妹への想いが切々と込められた映像詩とよばれる類のむしろ美しく良い映画でした。

 

 

 

 

 

 

裏表紙を見ると監督は 清水かなえ というやはり女性でした。

 

 

 

 

 

 

「全然怖くないじゃん・・・」

 

 

 

 

 

学生自身にも妹がいます。その映画を見終わったあと思わず故郷の妹に会いたくりました。

 

 

 

 

 

とその時、

 

 

 

 

 

急に玄関のドアをドンドンドンドン叩く音が響きます。

 

 

 

 

 

そして、そのドアの向こう側聞こえてきたのは、

 

 

 

 

 

 

「あたしよ、お兄ちゃん」

 

 

 

 

 

 

なんと妹の声だったのです。

 

 

 

 

 

時間は深夜。

 

 

 

 

 

学生が体験する本当の恐怖はこれからなのです・・・

 

 

 

 

 

身も凍恐怖体験の数々はコチラから☟

 

 

 

 

⇒コミなび

※「赤い妹」で検索すると出てきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サユリ 漫画ネタバレ|【ある家に越してきた一家に降りかかる不幸が怖すぎる!】

 

f:id:tmgetoshi:20160826141508j:plain

 

 

 

 

どーも。

 

 

 

 

ホラーマンガを愛するOL、メグです♡

 

 

 


仕事の休憩時間にはスマホで読める電子書籍サイトを利用して、

 

 

 


ホラーマンガをこっそり読み漁って楽しんでいる根暗ですw

 

 

 

 

色んな電子書籍サイトを出たり入ったりしていますが、

 

 

 

 

今回は、電子書籍サイトコミなびで見つけた、

 

 

 

 

 

超ヤバいホラーマンガ

 

 

 

 

 

サユリ  のあらすじを紹介したいと思います。

 

 

 

 


⇒コミなび

 

 

 

 

 

 

 

⇒コミなび
※「サユリ」で検索すると出てきます。

 

 

 

 

 


あらすじ

 

 

 

 

 

高校受験を来年に控えた神木則雄は、

 

 

 

 

 

父・昭雄が購入した築40年の中古一戸建ての家に、

 

 

 

 


別居していた祖父母と家族7人で引っ越しました。

 

 

 

 


郊外ということもあり、最寄の駅までバスで15分という不便な場所ですが、

 

 

 

 

 


住んでいたアパートよりも広く、

 

 

 

 

 

 

小高い場所に建っている家のため2階から見える街の景色は絶景。

 

 

 

 

 

ボロ屋ながらも昭雄は満足、則雄も母、姉、弟、祖父母も家族みんなも喜んでいました。

 

 

 


しかしその矢先、父・昭雄が心筋梗塞で急死します。

 

 

 

 

 

 

そしてそれに続くように祖父・章造が心不全で倒れそのまま死亡します。

 

 

 

 

 

 

” この家には何かがいる・・・ ”

 

 

 

 


そんな異様な気配にいち早く気付いていたのが、弟・俊でした。

 

 

 

 

 


やがて姉・径子が不可解な行動をとるようになり気が狂い始め、

 

 

 

 

 


母・正子はこの家の不幸に耐え兼ね、首を吊って自殺します。

 

 

 

次々と身に見えない何者かの手によって犠牲になっていく則雄の家族たち。

 

 

 

 

 


この家にはかつて何か不幸を呼びよせるような何かが起きたのか・・・?

 

 

 

 


身の毛もよだつ物語の続きはコチラから☟

 

 

 

 


⇒コミなび
※「サユリ」で検索すると出てきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

死人の声をきくがよい 漫画1巻ネタバレ|【※グロ注意!忍びよる恐怖と狂気。死んだ人の姿が見える高校生の日常が怖すぎる。】

 

f:id:tmgetoshi:20160825170819j:plain

 

 

 

 

 

 

ホラーマンガ大好きOL、

 

 

 

 

ブログ管理人、メグです♡

 

 

 

 

 

マンガを読む時は、電子書籍サイトを利用してスマホで読んでいます。

 

 

 

 

 

スマホで読めば人目を気にすることなく、大好きなホラーマンガを心置きなく楽しめます♪

 

 

 

 

 

そんな電子書籍サイトの中のコミなびで見つけた、

 

 

 

 

 

 

グロテスクなホラーマンガ、

 

 

 

 

 

死人の声を聞くがよい  を紹介します。

 

 

 

 

⇒コミなび

 

 

 

 

 

 

 

 

⇒コミなび

※「死人の声を聞くがよい」で検索すると出てきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高校生、岸田純には、

 

 

 

 

 

死んだ人間の姿が見えるという能力を持っています。

 

 

 

 

 

霊たちが自分の目の前に現れるのには理由があって、

 

 

 

 

 

 

誰かに何かを訴えたいのかもしれないというのを理解しているつもりですが、

 

 

 

 

 

いつもロクな目に遭っていないので、できるだけ霊たちとの関わりを避けていました。

 

 

 

 

 

岸田は子供の頃からよく鼻血を出して倒れるという事が頻繁にあり、

 

 

 

 

 

高校生になった今でも保健室で寝込むことが多いのです。

 

 

 

 

 

いつもように鼻血を出し倒れ、保健室で吉本先生から診察を受けていたところ、

 

 

 

 

 

吉本先生の背後に、

 

 

 

 

 

最近行方不明になっている早川涼子の姿が見えます。

 

 

 

 

 

そして早川の霊は下校する岸田の後を追うようについてきて手招きします。

 

 

 

 

 

 

 「保健室と何か関わりがあるのか・・・?」

 

 

 

 

 

 

死んだ人との関わりをできるだけ避けたい岸田ですが、

 

 

 

 

 

 

早川とは幼馴染でこれが最後かもしれないと察して、

 

 

 

 

 

早川の後をついていくことにします。

 

 

 

 

 

早川が連れてきた場所は、草木に覆われたとある一軒家。

 

 

 

 

 

その家の門を入っていきなり、人間の耳が落ちていました。

 

 

 

 

 

そして早川を見ると耳を手で押さえる仕草をしています。

 

 

 

 

 

ただならぬ気配を感じた岸田ですが、

 

 

 

 

 

 

突然何者かに後ろから殴られ気を失います。

 

 

 

 

 

 

そして目を覚まし岸田の目の前には驚愕の光景が広がっていたのです!

 

 

 

 

 

 

身の毛もよだつ恐怖体験の続きはコチラから・・・☟

 

 

 

 

 

⇒コミなび

※「死人の声をきくがよい」で検索するとでてきます。

 

 

スポンサーリンク